写真記02 ついに猪木と写真が撮れました

昨日、アントニオ猪木氏が高松市街の割烹料理店にいるところを友人が目撃しました。

松原が小さい頃からのプロレス&格闘技ファンである事を熟知している友人は、即電話をくれました。

レベルMAX最優先事項発生。

すぐに出発しました。

そして現場に到着。

現場前では、友人が待ってくれていて、猪木氏が出ていないことを確認しました。

友人は特に興味がないので、去りました。

松原は、店の入り口から少し離れたところで、ドキドキしながら待ちました。

「仁義なき戦い」で、敵の組長を狙うヒットマンみたいだなと考えたりしながら、その時を待ちました。

現場到着から30分後、店から関係者らしき人が出てきました。

そして車を店の正面にピタリとつけました。

次の瞬間、生猪木が出てきました。

緊張はピークに達しました。しかし獲物は逃さねえ!

軽く走って猪木氏との距離5メートルまで接近し、「猪木さん、一緒に写真を撮ってもいいですか」と訊くました。

猪木氏はコクリと頷き、さあおいでという風に片手を広げて迎えいれてくれました。

ポケットからカメラを出したら、猪木氏の奥さんらしき女性が、すぐに快く撮影を引き受けてくれました。

アントニオ猪木

撮影後、握手をしてもらいました。

「ありがとうございます。応援してます。」と言いました。

猪木氏は「はいどうも~」と言って車に乗りました。

一生モンの記念写真になりました。

「普通に戻る」に共感し、活動再開

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、被災されました皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

被災地の皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

今日から自粛モードから普通に戻ります。

購読しているメルマガにて「被災していない者は普通に戻る」ことが重要と書いていました。

メルマガ内で紹介されていたブログ

堀江貴文氏もメルマガで普通の経済活動に戻ることが一番だと繰り返し伝えていました。

被災していない者が普通の生活をし、普通の経済活動をすることが、被災者の方々に出来るだけ早く普通の生活を取り戻してもらうためになると

震災の報道等を見てると、複雑な心境でしたが、「普通に戻る」に共感しました。

普通に生活して、そのうえで何かできることをしていこうと思いました。

明日はうまい酒を普段どおりに飲みに行きます。

読書スタイル

 

また読書ネタです。お客さんからの反応が良いですし、最近ますます読書欲が旺盛です。

 

今回は松原の読書スタイルを紹介します。

 

まずは情報収集。書評ブログをチェック。これを読むだけでも学べる。

「活かす読書」http://ikadoku.blog76.fc2.com/

「404 Blog Not Found」http://blog.livedoor.jp/dankogai/

「読書I-O日記」http://io-diary.com/mt/blog/

「俺と100冊の成功本」http://blog.zikokeihatu.com/

 

次に気になった本をアマゾンの「ほしい物リスト」に追加する。

アマゾンが関連付けた本もチェック。レビューにも目を通す。

少しでも気になったらどんどん追加する。

気が済むまで追加したら、次は関連してる本を比較して減らす。

残った「ほしい物リスト」の本を図書館で探す。と言ってもネットで検索するので簡単。

「高松市図書館」 http://library.city.takamatsu.kagawa.jp/index.asp

 

高松市の図書館は5か所あるのですが、5か所すべての蔵書を検索できて借りることができます。

指定の図書館に集荷してくれてメールに連絡があります。返却は5か所どこでもいいです。

ほしい本がなかったらリクエストすれば入荷してくれます。

こんなにありがたいシステムが無料です。

2009年の11月に知りました。それから1000冊以上借りました。購入したとすれば100万円以上になります。

借りた本の半分以上は立ち読み程度に目を通してすぐに返却します。

20冊に1冊くらいの割合で、「これはいい」と思う相性のいい本に巡りあいます。そういう本は購入して熟読しています。

今借りている本

P1000225

「そんなにたくさん読む時間ある?」と言われます。

いつでも本を携帯しているので、ちょっとでも時間があったら読めます。逆に長い時間でも読み続けられます。興味があったら自然とできます。

「読書が趣味になると、疲れて休憩という時、読書が休憩になる」

こうなったらいくらでも読むことができます。

興味がある本を探しにさがして、厳選された本を何冊も借り、さらにそれをまだ読む価値はあるか?今必要なことが書いていそうか?と中身を流し読み最終チェックをして読みたくなった本だけをおいておくと、その本を苦もなく「読みたいんやっ!」という感じになります。

 

読書スキルにも興味が湧きます。

速読です。

6~7年前に、熱心なお客さんと一緒に勉強したフォトリーディングという速読方法

P1000227

http://www.almacreations.jp/seminar/pr/index.html

http://www.almacreations.jp/store/hs/prhs.html

速読のプロセスで、できそうなのを活用しています。

交通手段の選択肢の一つみたいな感じです。

パパパっと目を早く動かして読むみたいなのとか、魔法みたいに頭に写し撮るみたいなよくわからん話はやってません。

できるだけ読みやすい本を選んでいますから、選び方の工夫だけでも早くたくさん読めます。

読書好きなお客様といろいろな読書情報を共有するのが、松原の楽しみひとつです。