寒い時期は、手荒れをしやすいです。

これはカンタンな方法で、相当良くなります。

「洗面器に溜めたお湯で充分に手を浸してから保湿や保護クリームを塗る。」

塗る直前まで湯に浸すことが大事です。

乾燥している手を湯に浸し、しっとりするやいなや即保護クリーム

手をしっとりさせずに塗った場合と比べてみれば、効果をよく実感できると思います。

寝る前だけでも相当キレイに治ります。

体験談

理美容の仕事ではシャンプーで手荒れになることが多いです。

僕も修行当初は手荒れして、全ての指の第一第二関節が全てパックリ割れました。

シャンプー仕事しかまだできない時期だったので、次の日も次の日も治らぬままの手で朝から夜までシャンプーをするのがつらい時期がありました。

荒れた手を翌日までの一晩で、かなりいい状態まで回復させないと、どんどん手荒れが進みます。

これをどうにかしないといけない。

試行錯誤して、個人的に一番いい方法を発見したのが上記の方法です。

具体的には

寝る直前に、洗面器溜めたお湯をに手を浸し待つ→タオルで軽く拭いてメンソレータムをベットリ塗る→軍手をつけて寝る→翌朝パックリがキレイに治っている

と、この方法に改善してからすっかり良くなりました。

その後は、シャンプー以外の仕事ができるようになり、回数が減ることでますます手荒れはしなくなりました。

今は全然手荒れしないので、この方法を僕は当時しか試せていないのですが、後輩や知り合いにこの話をし、やってみたら良かったというような悪くない反応だったので、ひょっとしたら誰かのためになるかと思い、ブログの記事にしました。

「手荒れ、ひび割れ」簡単で体験実証済の効果的治療法
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA