今さらながらiPhone4に変えてスッキリしました。

iPhone4、そんなに新しいわけでもなく、いまがオトクでもないのにdocomoからMNPしました。

4は性能が良く、処理スピードが早い。サクサク使える。

以前に3Gを使っていたことがありましたが、想像以上に進化していました。

やっぱりiPhoneいいなと実感しています。

 

持ち物がかなりスッキリしました。

iPhoneがあれば持ち歩かなくてよくなったモノ。

ケータイ2台(ドコモとソフトバンク)、デジカメ、ICレコーダー、手帳。

IMG_1956

 

 

次はPCを来月に変えます。

またDELLのクレイジーカラーにしようと思ってます。

P1000331

iPadは待ち合いに置いてますので、どうぞ使ってください。

写真記02 ついに猪木と写真が撮れました

昨日、アントニオ猪木氏が高松市街の割烹料理店にいるところを友人が目撃しました。

松原が小さい頃からのプロレス&格闘技ファンである事を熟知している友人は、即電話をくれました。

レベルMAX最優先事項発生。

すぐに出発しました。

そして現場に到着。

現場前では、友人が待ってくれていて、猪木氏が出ていないことを確認しました。

友人は特に興味がないので、去りました。

松原は、店の入り口から少し離れたところで、ドキドキしながら待ちました。

「仁義なき戦い」で、敵の組長を狙うヒットマンみたいだなと考えたりしながら、その時を待ちました。

現場到着から30分後、店から関係者らしき人が出てきました。

そして車を店の正面にピタリとつけました。

次の瞬間、生猪木が出てきました。

緊張はピークに達しました。しかし獲物は逃さねえ!

軽く走って猪木氏との距離5メートルまで接近し、「猪木さん、一緒に写真を撮ってもいいですか」と訊くました。

猪木氏はコクリと頷き、さあおいでという風に片手を広げて迎えいれてくれました。

ポケットからカメラを出したら、猪木氏の奥さんらしき女性が、すぐに快く撮影を引き受けてくれました。

アントニオ猪木

撮影後、握手をしてもらいました。

「ありがとうございます。応援してます。」と言いました。

猪木氏は「はいどうも~」と言って車に乗りました。

一生モンの記念写真になりました。